スイングトレードとは、数日から1週間程度の期間内で株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)の売買を完結させる取引のことです。 短期投資法のひとつとされていて、多くの場合はチャートなどを利用したテクニカル分析(過去の相場の動きから未来の値動きを予測しようとする分析方法の一つです)によっては売買する銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)を決めていきます。 株にはトレンドがあって、上昇するタイミングと下降するタイミングがあるんです。 トレンドを見極めて、その時点で上昇すると思われる銘柄(激動の世の中ですから、これまでの優良株がこれからもそうだとは限りません)を選ぶことがスイングトレードを行う際には大切なんです。 具体的には、現在注目されている分野の銘柄や市場で話題になった分野の銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)を初動で買い、多少値上がりした時点で売ることが重要になってきます。 間違って値上がりした時点で買ってしまうと、売るタイミングを逃してしまう危険性があります。 スイングトレードは、トレンドに乗って売買した方が利益を上げやすい手法なのですが、トレンドの下降は思った以上に素早いものなので、初動で買いを行わないと上手く資金が回らないようになってしまいます。 そのため、スイングトレードを行う場合、今のトレンドの見極めが重要と思いますよねー